遺産とは

遺産には有形無形問わず、被相続人の財産にまつわる一切の権利および義務を受け継ぎます。

○分割の対象となるプラス財産

現金、預貯金、有価証券、債券、土地、家屋、借地権、家財、自動車、貴金属、骨董・美術品、収集品、ゴルフ会員権、特許権、著作権など

○分割の対象となるマイナス財産

借金、売掛金、借入金、住宅ローン、未払い金(月賦、税金、家賃、医療費など)、葬式費用など

○分割の対象とならない財産

一身専属的な権利や義務、墓地、墓石、仏壇、祭具、系譜、死亡退職金など

また、遺産には相続税の課税対象となる財産とならない財産があります。生命保険は相続や遺贈で取得したものではありませんが、相続した財産とみなされて課税される場合があります(みなし相続財産)。
一方、分割できる財産の中にも非課税のものがあります。これを非課税財産といいます。非課税財産は、墓所、寄付金、公益事業用財産など、国民感情や社会政策的面からみて相続税の課税対象とするには不適切な財産です。遺産の分類、評価に関しては、広範な知識と経験が求められます。まずは専門家に相談してみるのがいいでしょう。

今すぐ専門家を探す

相続問題に強い専門家をPICK UP!!

相続問題に強い専門家を「相続問題相談ガイド」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ



Copyright (C) 相続問題相談ガイド All Right Reserved.