あなたの街の相続問題・遺産相続に強い専門家をご紹介する総合サイト!

相続問題相談ガイド

非課税の相続財産

非課税相続財産とは、相続又は遺贈により取得した財産のうち、その性質等が社会的見地、人間感情等の側面から、課税の対象とするのは適当でないと認められるため、課税対象から除かれるものをいいます。 具体的には次の7種類のものがあげられます。

・墓地、墓石、仏壇、仏具、神棚、香典

・国、地方公共団体、特定の公益法人に寄付した財産

・生命保険金の内「500万円×法定相続人の数」に相当する金額

・死亡退職金の内「500万円×法定相続人の数」に相当する金額

・業務上の死亡で支給された弔慰金(死亡当時の月々の給料の3年分まで)

・業務外の死亡で支給された弔慰金(死亡当時の月々の給料の半年分まで)

・皇室経済法の規定により皇位とともに皇嗣が受けたもの

・心身障害者共済制度に基づく給付金の受給権

・国等に寄附した財産(申告期限までに国・地方公共団体・公益法人に寄附した財産、又は特定の公益信託とした財産)

今すぐ専門家を探す

相続問題に強い専門家をPICK UP!!

相続問題に強い専門家を「相続問題相談ガイド」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ



Copyright (C) 相続問題相談ガイド All Right Reserved.