対象となる財産

相続人は、被相続人の資産も負債もすべて相続できますが、財産には相続の対象にならないものもあります。
相続財産となるものは、被相続人の財産に属した一切の権利義務が対象となります。

○相続財産

・土地、建物など不動産の所有権
・動産(家財道具、自動車、貴金属、現金、預貯金など)の所有権
・債権(土地建物の賃借権、賃金、賃借債権、売掛金、株式など)
・無体財産権(特許権、商標権、意匠権、著作権など)
・契約上の地位
・債務(借金、未払金、買掛金、損害賠償の支払いなど)

○相続財産の対象とならないもの

・身元保証など保証額に期間や制限のない保証債務
・死亡退職金
・香典

「相続財産の対象とならないもの」でも、経済的効果が認められるもの(死亡退職金など)は、「みなし財産」として相続税が課せられます。

今すぐ専門家を探す

相続問題に強い専門家をPICK UP!!

相続問題に強い専門家を「相続問題相談ガイド」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ



Copyright (C) 相続問題相談ガイド All Right Reserved.